WordPress, 投稿画面(HTML)の御作法

WordPressで記事を追加するときに投稿用フォームから追加します。

そんなこと分かってらい!ですよねぇ。

HTMLタグとか分かっていると「ビジュアル」じゃなくて「HTML」モードで追加しちゃう方が手軽だったりします。
私もビジュアル・モードで入力することはまずありません。

で、このHTMLモードで入力するときに慣れたエディタ Dreamweaver なんかでコード入力してコピペしたりしてませんか?
悪くは無いけど注意しないといけないことがあります。

pタグとbrタグは入力しない

pタグとbrタグはWordPressが自動的にHTML整形するときに挿入します。
プラグインなどで抑制することはできますが仕様なのでそれに従っていた方が後々面倒にならないような気がします。

投稿画面で
改行が一つのところには brタグ

改行が二つ続いたところには pタグ

挿入されます。

改行が二つ以上、三とか四続いても二つ扱いになります。

imgタグ一つだけしか入力していない場合も pタグ でwrapされます。

HTML整形部分のコードを見たわけではないですが条件によっては入力した pタグ が消去されてしまうこともあるようです。

私はここの改行は brタグ が入るとかここは1行空いてるから pタグ になるとか想定しながら入力しています。
pタグが入るのが嫌なら divタグ を使います。
当然 divタグ を入れた次の行は空行にしてはダメです。

WordPressもバージョンが上がってこのHTML整形部分の精度はかなり向上しています。
以前はXHTMLなのに pタグの閉じタグだけ追加してValidにならないこともあったりしてイライラさせられたりしましたが、そんなことも随分ご無沙汰です。

これは趣味の問題ですが、インデントも取っちゃいます。

てな話をチョイ前にtacosbarのマスターと話してて、入力しても入力しても pタグ が消えるのはWordPressのバグじゃないのかとかお怒りのご様子でした。
pタグにidとかclassとか設定してたらしいんですけど。
pタグ入力しちゃダメとかどっかに書いてありますか、と問いつめられたのでブログに書くことにしました。

Codexのどっかに書いてあるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です